新型コロナで倒産!? しないためには!(経営危機の捉え方)

経営・戦略

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、売上が激減している会社、お店が増えています。売上減少により、倒産の危機に陥らないためには、何をすればいいのか? わかりやすくまとめます。

危機的状況では、利益より、キャッシュ(現金)が重要

赤字になっても、必ず会社が倒産するわけではありません。赤字は、倒産要因の1つでしかありません。

倒産する直接原因は、キャッシュ(現金)がなくなること。具体的には、借入等の返済が一定条件で滞ると、倒産になってしまいます。

つまり、キャッシュ(現金、手元で自由にできるお金)があれば、倒産は免れるわけです。

キャッシュ(現金)を確保するには? キャッシュインとキャッシュアウト

キャッシュ(現金)を確保するには、大きく2つの方向性があります。

  • 出ていくお金(キャッシュアウト)を減らす
  • 入って来るお金(キャッシュイン)を増やす

では、どれだけのキャッシュ(現金)があれば、倒産しないのでしょうか?

毎月出ていく、キャッシュアウトの額を見積もる

現状、キャッシュ(現金、手元のお金)が減っているとすれば、その変化量を把握することが重要です。毎月、どれだけのお金が出ていって、減っているのか? 例えば、毎月かかる経費(固定費)には、こんなものがあります

  • 人件費(給料を払い続ける場合)
  • 家賃
  • 光熱費(基本料を含む)
  • 外注費(月額固定で、休止できないもの)

その他に、借入の返済でも、お金が出ていきます。

キャッシュフローから考える、必要なキャッシュ(現金)の目標値

キャッシュフロー = キャッシュイン - キャッシュアウト

キャッシュインからキャッシュアウトを引いた、キャッシュフローがプラス(+)になるのが望ましいのですが、危機的状況ではマイナス(-)になっている。

では、このマイナス分で、あとどれだけの期間、持ちこたえることができるか?

持ちこたえられる期間 = 現状のキャッシュ(現金)/ 現状のキャッシュフロー 

現状のキャッシュ(手持ち資金)を現状のキャッシュフロー(月額)で割ると、あと何か月、持ちこたえられるか、計算できます。この数字は、あくまでも概算として考えてください。

持ちこたえられる期間が6か月以上あれば、少し落ち着いて対策を考えることができます。

しかし、3か月未満など、すぐにもお金が枯渇しそうであれば、緊急対策が必要になります。

その対策方法については、明日のブログでお伝えします。少しお待ちください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました